toggle

IPテレフォニーサーバー「SS9100」

概要

SS9100は、お客様のオフィスに先進のIPテレフォニー環境をご提案するとともに業務アプリケーションとの連携によりオフィスのコミニケーションを革新・高度化し、業務プロセスの効率化や情報の共有を実現するIPテレフォニーサーバーです。

 

IPテレフォニー

運用・管理コストを削減する企業内IPセントレックス構築

主拠点にSS9100を設置し、IPネットワーク経由で、その他の拠点にあるIP遠隔ユニットやIP電話機、IP-PBX、ビズネスホンなどを接続することで、企業内IPセントレックスを構築できます。企業内のすべての電話設備を一箇所で管理・運営することで運用コストの大幅な削減が可能になります。

 

 

スマートコール

電話端末ではなく、個人に割り当てられた番号(※1)をダイヤルするだけで、相手のプレゼンス状態に応じて最適なコミュニケーション手段で(※2)、確実にコンタクトすることが可能です。

※1 社員番号など、入社から退場まで不変の番号を、内線番号として使用します。
※2 取り込み中や、不在などのプレゼンス状態に対応した呼出し先を、個人のPCより簡単に設定/変更できます。

サバイバル機能により障害時でも電話サービスを継続

 

企業内IPセントレックスでは、IPネットワークで接続された全拠点の内線をSS9100が集中して管理します。たとえば内線をかける際には、SS9100が内線番号をIPアドレスに変換して通話を確立させる役割をもちます。その為停電や障害などが発生した場合には影響が全社におよび、ビジネスチャンスに多大な損失を与えるケースも想定されます。
このような場合には、処理を代行する「サバイバルBOX」を設置することで、公衆電話網への発信はもちろん拠点内の内線も継続して利用できます。
それに加えSS9100のデータベースとの同期を可能とし、端末増設時でも「サバイバルBOX」へ自動でデータを反映させます。、また、主装置側のプログラムアップデートにあわせて「サバイバルBOX」への自動アップデートが可能で、利便性と保守性をさらに向上させました。

一般・多機能電話機、FAX、デジタルコードレス電話機など多彩な端末を収容

 

新しいネットワークシステムに移行する際には、配線が重要な課題となるケースが見られます。広大な敷地をもつ工場や既設の電話線しか使えないフロアなど、LANが配線できない場所には、IP電話機を設置できません。
そのような場合には、「IP遠隔ユニット」を設置することで、一般・多機能電話機やFAX、デジタル コードレス電話機などを収容し、さらに公衆電話網(アナログやISDN回線など)への接続が可能になります。

※ デジタルコードレス基地局(IP対応)は、LANに接続できる基地局です。

「eおと」により高音質でクリアなIPテレフォニー環境を実現

 

OKI様が独自に開発した高音質IP電話技術「eおと」により、”聞き取りやすく、近くで話しているような臨場感のある音質”を実現しました。SS9100では[eおと」を採用したIP多機能電話機「eおと」により高音質でクリアなIPテレフォニー環境を実現MKT/IP-30DKW」や、高機能な「Com@WILLソフトフォン」をご利用頂けます。

モバイルコミニュケーション

 

移動体キャリア各社のネットワークと専用回線で接続すれば、オフィスの電話機と、外出先のモバイル端末(※1)が内線番号で発信/着信が可能になり、業務の効率化を図れます。また、定額プラン(FMC利用料)により全国どこにいても、いつでも通話料が無料になり、モバイル端末からお客様への外線通話の際に、SS9100を経由して発信(※2)も併用することで、モバイル端末の通信コストが約70%も削減できます。 さらにキャリア各社が提供するVoipゲートウェイが不要(※3)の為、レンタル料の削減にも貢献します。

ご利用いただけるFMCサービス
・KDDI「KDDIビジネスコールダイレクト」
・NTTドコモ「オフィスリンク」
・SoftBank「ホワイトオフィス」
・ウィルコム「W-VPN」

※1 法人契約の「FMCサービス」に対応した携帯電話/PHSを指します。
※2 移動体キャリアにより制約事項がありますので、詳しくは販売店にお問い合わせください。
※3 KDDI、NTTドコモ、SoftBankに対応しています。

企業内モバイルセントレックス

Voip対応無線LANアクセスポイント()と3G/無線LANデュアル端末、スマートフォン()を収容することで、企業内モバイルセントレックスを構築できます。
社内では内線、外出先では、携帯電話として1台2役で使えます。さらにプレゼンス確認やクリック発信などを社内外を問わず利用できます。

※ ご利用頂けるアクセスポイントおよび端末については、担当営業所にお問合わせください。

最適な発信ルートの自動選択で通信コスト削減

携帯電話機の普及により、相手の所在に関わらず携帯電話機に直接電話をかけるケースが増えてきています。 その為、通信コストに対する携帯電話料金の比率が年々増えているのではないでしょうか?
SS9100では、内線電話機が携帯番号をダイヤルした際には、その番号が内線として登録されている3G/無線LANデュアル端末のものかをチェックし、相手の所在に応じた最適な発信ルートを自動的に選択します。
たとえば相手が社内にいる時には内線に、オフィス外にいる時には公衆電話網を経由して携帯電話に発信します。 公衆電話網を経由sた携帯電話機への発信は、携帯→携帯の発信に比べて通話料が割安ですので、発信者が意識しないでも通信コストの削減が可能になります。

他のプロダクトとの連携

Ipstage連帯
中小規模オフィスに最適なIpstageシリーズとSS9100をSIPで接続することで、拠点間の通信コスト削減が可能です。拠点間での高音質な内線環境を実現しつつ、Com@WILLソフトフォンによるTV会議(最大4者)やプレゼンス確認、アプリケーション連携も可能です。拠点間でのシ-ムレスで、利便性も高いコミュニケーション環境をご提供します。

Com@WILLソフトフォン

高度なIPテレフォニー機能を簡単に利用できる高機能なソフトフォンです。プレゼンス表示、TV会議、録音など多彩なコラボレーション機能を装備し、ビズネスの流れがよりスムーズになるようにサポートします。(eおと、eえいぞうに対応)。

1.資料共有

TV会議の相手と資料の内容を一緒に確認したいときには、TV会議の画面表上にファイルをドラッグ&ドロップする だけで資料を共有できます。離れた拠点の相手でも、打ち合わせの内容を相手に確実に、簡単に伝えられます。資料と同時にテキストメッセージの共有も可能です。

2.TV会議

遠隔地同士でも自席で簡単にTV会議(最大4者)を開催できます。 通話中の状況からでも簡単に会議に移行でき、内線・外線を問わず従来の電話機に対しても招集をかけられます。

3.プレゼンス・行き先の表示

連絡したい相手の在席/離席などの状態や行き先を、アイコンやテキストにより連絡する前に確認できます。 相手の状態に応じて、電話をかけたり伝言を残すなど、最適なコミニケーション手段を選択できます。

4.会話の録音

電話・会議の会話を録音できます。録音した会話は履歴の一覧からワンクリックで再生できます。高音質な「eおと」による会話の音声も録音、再生できます。

 

急用を伝えたい時に用件表示とメッセージ通知
従来の電話では、相手が会議など取り込み中の場合には、お客様からの大切な用件が入っても内容を伝えるまでに 時間がかかってしまいます。
そこでソフトフォンに、発信と同時に用件の内容を相手に伝えられる「用件表示」を搭載しました。さらに着信側では、「メッセージ通知」により、代替の連絡手段を発信者へすぐに回答できる為、大切なビジネスチャンスを逃しません。

ラインアップ

IP遠隔ユニット

IPCONVERGENCE
Gateway 96
IPCONVERGENCE
Gateway 48
IPCONVERGENCE
Gateway VS

サバイバル装置

サバイバルサーバー サバイバルBOX サバイバルBOX2

IP公衆電話網接続装置

VC-D01 VC-D01S

SIP電話機・IP多機能電話機・ソフトフォン

スーパーホンIP-V2 MKT/IP30DKWHF-V2
(有線LAN)
Com@WILLソフトフォン

一般・多機能電話機

MKT/G-30DK/S
MKT/G-30DKPF/S
MKT/G-30KIPF/S
MKT/G-30DKX
MKT/G専用DSSコンソール パロルCX 2型/3型

デジタルコードレス

デジタルコードレス基地局
左:UF7100
右:UF7200IP(IP対応)
デジタルコードレス電話機
UM7700(OKI製)
デジタルコードレス電話機
左:WX330J-Z(ウェルコム)
右:WX330J-ZE(ウェルコム

機器の諸元

IPテレフォニー  サーバーIP遠隔ユニット  サバイバル装置  IP公衆電話網接続装置  IP多機能電話機  デジタルコードレス基地局 Com@WILLシリーズ

IPテレフォニーサーバー

機種名 IP CONVERGENCE Server SS9100
収容数(※1 総ポート数 20.000ポート(※2
デジタルコードレス基地局(IP対応) 最大256台
IP遠隔ユニット(IPLTU) 最大256台
プロトコル SIP OKI独自 H.323
※H.323はBV8000IWG経由で収容
ネットワークインターフェース 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T(自動認識)
冗長部 電源/ファン/HDD/メモリ
※本体はクラスタ構成による冗長可能
設置形態 ラックマウント(2U)
入力電源 AC100V
外形寸法(幅×高さ×奥行mm) 445×86×661(正面パネル、突起物含まず)
質量 約27.2kg
※1 収容数はそれぞれの最大値であり、使用チャンネル(ch)数や組合わせなどにより変動する。
※2 (1)サーバーで5.000ポート以上を収容する場合は、トラフィク状況の確認が必要ですので、担当営業所にご相談ください。

IP遠隔ユニット

機種名 IPLTU IP CONVERGENCE Gateway
96 48 VS(CO) VS(BRI)
収容数(※1 デジタルコードレス基地局 40 96 24
一般電話機 128 192 48 2 2
多機能電話機 128 192 48
アナログ外線 128 192 48 4
ISDN(64K):回線数 60 48 12 2(4ch)
ISDN(1.5M):回線数 5 12 3
プロトコル OKI独自
ネットワークインターフェース 10BASE-T/100BASE-TX(自動認識)
設置形態 ラックマウント(8U)
床据置
ラックマウント(3U)
床据置
ラックマウント(1)
床据置
入力電源 AC100V
外形寸法(幅×高さ×奥行mm)(※2 430×354×500 430×132×500 420×44×400
質量 約43kg 約11kg 約5.5kg
※1 収容数はそれぞれの最大値であり、使用チャンネル(ch)数や組合わせなどにより変動する。
※2 外形寸法には突起物を含みません。

サバイバル装置

機種名 サバイバルサーバー サバイバルBOX2 サバイバルBOX
収容ポート数 5.000ポート 500ポート 200ポート
ネットワークインターフェース 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
(自動認識)
10BASE-T/100BASE-TX
(自動認識)
設置形態 ラックマウント(2U) ラックマウント(1U)・据置
入力電源 AC100V
外形寸法(幅×高さ×奥行mm)(※1 445×86×661 420×51.5×400
質量 約27.3kg 約6kg 約5.5kg
データ同期(※2 自動 手動
※1 外形寸法には突起物を含みません。
※2 SS9100とのデータ同期

IP公衆電話網接続装置

機種名 VC-D01 VC-D01S
ネットワークインターフェース 10BASE-T/100BASE-TX(自動認識)
プロトコル SIP
同時最大接続数 128 32(
入力電源 AC100V
設置形態 ラックマウト(2U) ラックマウト(1U)・据置
外形寸法(幅×高さ×奥行mm) 445×86×661 420×51.5×400
質量 約27.2kg 約5.5kg

※ 「ひかり電話オフィスタイプ」の場合、同時最大接続数は8チャンネル(ch)です。

IP多機能電話機

機種名 MKT/IP-300KWHF-V2
ボタン・LCD フレキシブルキー:30個(※1
ワンタッチキー:10個×2面(※2
LCD表示:全角16桁×4行(漢字・カナ・英数表示) チルト機構5段階
電話帳 電話帳登録数:1.000件
グループ数:15グループ
発信/着信履歴:各20件
ネットワークインターフェース LANポート×1、PCポート×1
(各10BASE-T/100BASE-TX自動認識)
音声圧縮符号化方式 G.711、G.722(eおと)、G729a
給電方式 PoE(IEEE802.3af)給電、ACアダプタ(オプション)給電
外形寸法(幅×高さ×奥行mm) 185×102×247
質量 約1.0kg
備考 ハンズフリー・ヘッドセット端子付き、「eおと」「マイeおと」対応
※1 応答キーとリダイヤルキーをフレシキブルキーとして設定することで、最大32個まで使えます。
※2 セレクトキーを使って、登録された2つの番号を切り替えられます。

デジタルコードレス基地局

機種名 UF7200IP UF7100
使用可能範囲 屋内:半径約30~50m/屋外:半径100~150m
無線周波数 1.9GHz
同時通話可能数 最大3
PBXインターフェース LANポート×1(10BASE-T/100BASE-TX自動認識) 4ワイヤー電話ケーブル
給電方式 PoE(IEEE2.3af、OKI独自)
給電ACアダプタ
(オプション)給電
PBXセンター給電
ACアダプタ
(オプション)給電
外形寸法(幅×高さ×奥行mm) 190×147×52
質量 約460g 約360g

※ アンテナ・突起物含まず。

Com@WILLシリーズ

名称 Com@WILLソフトフォン/アシスタント/アテンダント/レセプション
OS(32bit) Microsoft Windows XP Professional Microsoft Windows Vist Ultimate
Microsoft Windows Vist Business
Microsoft Windows 7 Professional
Microsoft Windows 7 Ultimate
CPU Intel PentiumⅢ「1GHz以上」最低
Intel Pentium 4「2.4GHz以上」(推奨)
 Intel Pentium 4「2.4GHz以上」
メモリ 512MB以上のRAM 1GB以上のRAM
ハードディスク容量 100MB以上の空き容量
Webブラウザー Microsoft Internet Explorer 6×以上
備考 webカメラ(推奨品)と、USBハンドセット/ヘッドセット(推奨品)を同時にご利用になる場合には、PC本体のそれぞれ別のUSBポートに直接、接続して下さい。
TV電話、TV会議では、PCの負荷が高くなりますので、Intel Pentium 2.4GHz以上のCPUを搭載したPCをご利用ください。

ページの先頭へ